CONTENTS
「ローン 知識」
に関連するツイート
Twitter

【FP(ファイナンシャルプランナー)とは?】家計にかかわる金融、税金、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識が必要になります。これらの知識を備え、夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートする専門家が、FP=ファイナンシャル・プランナーです。

RT @olleyolley3: ケイローン塾生のパンクラチオンネタを見ると「古代ギリシアのギュムナシオン(公共の競技訓練施設)では競技者は全裸にオリーブ油を塗って訓練し、4年に一度のオリンピック(オリュンピア祭典競技)も全裸で競われた」という知識のせいで「ケイローン塾の体育授…

RT @olleyolley3: ケイローン塾生のパンクラチオンネタを見ると「古代ギリシアのギュムナシオン(公共の競技訓練施設)では競技者は全裸にオリーブ油を塗って訓練し、4年に一度のオリンピック(オリュンピア祭典競技)も全裸で競われた」という知識のせいで「ケイローン塾の体育授…

ローンウルフ!(ナタリーで今知識を得たところです)

リフォームのお金、大丈夫ですか!?リフォーム・リノベーションのポイント 「リフォームローンの基礎知識youtu.be/KVg9rpm3YQE リフォームしたくてもお金の余裕が無い ....そんな時、 役に立つのがリフォームローンと各自治体の助成金制度です。 familykobo-co.jp 0120-643-233

Twitterファミリーグループ@FamilyGroup510

返信 リツイート 昨日 11:53

昨晩も人数少ないからローンボーリングしないで、飲んで食べての会になってた木曜の夜。 最初はいつものごとく英国政治の話で盛り上がってたんだけど(いつものごとく私達以外はみんな英国人なので)いつのまにか飛行機の話になって、散々日常生活では役に立たない飛行機の知識を仕入れて帰ってきた。

Twitterれん@ホアヒン in Thailand@len_kilishima

返信 リツイート 昨日 10:53

都城市の万代ホーム ショールームで今度の日曜日に開催します『住まいづくりセミナー』のご参加者を募集中です! 住宅ローン知識から風水まで、一度に家づくりの様々なことを知ることができるセミナーです。ご参加無料・ご予約制です。お気軽にお問合せ下さいませ! mandai-home.com/event/seminar/…

今日は税金とか住宅ローンのこと勉強してた。小難しくて頭に入っていかないんだけどさ。 専業主婦の今、唯一の資産は時間。お金が稼げないからこそ、時間かけて知識でどうにかできることはしておこう。

Twitterこっぱ@ワーママ向いてない@__coppa__

返信 リツイート 7/18(木) 23:42

返信先:@uradorasbr 自分はローンの最小化を選びましたが、後から考えると合理的ではなかったと気付きました。 その時は知識不足でしたので。 ただ知識あっても同じ結果だったかも知れません。 性格の問題ですね。

知識を得るために学ぶな。行動するために学べ。」ジム・ローン

Twitter人生を変える「人生設計」@change_lifeplan

返信 リツイート 7/18(木) 14:05

自社ローンについて、もっと知ろう

自社ローンという用語を掲載する

自社ローンのメリット 企業がホームページにおいて、色々な豆知識を掲載するということがあり、それには次のようなことが必要です。
それは、専門の知識を持っていない人でも理解することができるようにするということです。
その他にも、難しい言葉を使わずに比較的簡単な語彙で説明をしていくということも求められます。
販売業者が自社ローンの利用の促進において、その存在と中身について用語を説明するという形を採用できます。
ホームページの一角に用語を掲載したページを設定しておき、そこで自社ローンについて教えていくのです。
なお、説明をするときにおいてはわかりやすい言葉を選択するということが不可欠になってきます。
その他にも、具体的な数字を用いて計算方法などを掲載していくという手法も存在しています。
用語の説明の時には、一般の人にもわかりやすいかどうかを判断してもらう必要があります。
そのため、第三者を招いて、わかりやすくなっているかどうかをチェックしてもらうことが大事です。

自社ローンのルールはお店による?

自社ローンは、金融機関のローンとは性質が異なる場合があります。
お金を貸して利益を得るためには、必ず国もしくは都道府県知事に貸金業登録をしなければなりません。
さらに、貸金業法などの法律を遵守しなければなりません。
しかし、自社ローンは金利ゼロで借りられることが多く、その場合には貸金業法が適用されません。
自動車を販売しているお店が、車の代金を分割払いで受け取る契約をすることは、お金を貸して利益を得ているわけではないのでなにも問題はありません。
貸金業法のルールは適用されず、販売店と購入者の間で売買契約を結び、そのルールに従うことになります。
自社ローンではお店と購入者が同意のもとで契約を結び、その契約内容に従うことになるので、契約をするときにはしっかりと契約内容を確認しておくことが重要です。
自社ローンには専用の法律がありませんので、法律に違反をしていなければ両者の合意でどんな契約内容でも通ってしまいます。
きちんと契約内容を確認しておかないと、思わぬ不利益を被ることもあるのが契約の怖さでもあります。
トラブルになったらすぐに弁護士に相談をするようにしましょう。