CONTENTS
「ローン 知識」
に関連するツイート
Twitter

投資知識ない若者がターゲット 「サブリース」悪用の勧誘広がる mainichi.jp/articles/20190… ⇒「高齢者」に対する「若者」という意味なのかな。いくらうまいことを言われたとはいえ、4千万円の物件を、見ることもなくローンを組むって、「投資知識」以前の問題だと思うが。

RT @shimiyuu01: マイホーム購入時の返済期間は最長何年?【住宅ローンの基礎知識iesaku.com/housing-loan-r… pic.twitter.com/TRNtGIq6S0

Twitter知って得する住宅ローンの知識@misesa_c72

返信 リツイート 16:53

この白金の物件も 新倉健太郎氏が経営するハウスドゥ沼津バイパス店のモデルハウスと同様に個人に住宅ローンを組ませ賃貸借契約を結んでいるなら大問題 というか不動産の知識を悪用した本物のワルだよな

フラット35をどこよりも分かりやすく解説!住宅ローンで失敗しないための知識navinavi-mortgage.com/flat35

Twitter最新の住宅ローン情報@mereyo_9s5

返信 リツイート 13:03

返信先:@yabateam2a すぐ解約とかは無いと思うんだけど… 周りに、自己破産の人いたり、自分が家建てる時にローンとかカードの知識をちょっと得たから、旦那に聞けば詳しく何かわかると思う💡 何か聞いてみるかい?

Twitter桜華@2/16サツコマ3/9雪美@Ouka1226

返信 リツイート 12:17

おはようございます。 今日はメッチャ天気の良い予報が出てる石川県。 もう春ですね〜!! 僕は家づくりで1番大事だと思うお金の事。家は見せる為に建てる訳じゃ無く、豊かな生活を送る為の箱です。家を建てた後に笑顔で生活する為に必要な住宅ローン知識について。 takashimakei.com/archives/75

Twitter高嶋圭@石川県家づくり伝道師 ぱっくん@kei0823swd

返信 リツイート 7:30

毎日:詐欺的サブリース:広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れmainichi.jp/articles/20190…”不動産の転貸契約「サブリース」(借り上げ家賃保証)を悪用した投資の勧誘が広がっている。新たな顧客層を取り込むために投資知識のない若者がターゲットになっており“ pic.twitter.com/Uw8SvsDhe3

投資目的のフラット35は期失事項では?金融機関から融資を受ける本人はローン契約時「?」とならないかな?売買契約書2種類あると金融機関も上乗せは見抜けないか…投資知識ない若者がターゲット 「サブリース」悪用の勧誘広がる(毎日新聞)Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-… @YahooNewsTopics

投資知識ない若者がターゲット 「サブリース」悪用の勧誘広がる(毎日新聞) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-… @YahooNewsTopics 『何も手間がかかりません』と言われ、業者にお任せになっている人が多い。ローンによる不動産投資は自己資産による投資とリスクが異なる

返信先:@thankyoukurata 知識0なんですが、初心者向けですか?医療費控除と住宅ローンの為に勉強したいと思ってます

自社ローンについて、もっと知ろう

自社ローンという用語を掲載する

自社ローンのメリット 企業がホームページにおいて、色々な豆知識を掲載するということがあり、それには次のようなことが必要です。
それは、専門の知識を持っていない人でも理解することができるようにするということです。
その他にも、難しい言葉を使わずに比較的簡単な語彙で説明をしていくということも求められます。
販売業者が自社ローンの利用の促進において、その存在と中身について用語を説明するという形を採用できます。
ホームページの一角に用語を掲載したページを設定しておき、そこで自社ローンについて教えていくのです。
なお、説明をするときにおいてはわかりやすい言葉を選択するということが不可欠になってきます。
その他にも、具体的な数字を用いて計算方法などを掲載していくという手法も存在しています。
用語の説明の時には、一般の人にもわかりやすいかどうかを判断してもらう必要があります。
そのため、第三者を招いて、わかりやすくなっているかどうかをチェックしてもらうことが大事です。

自社ローンのルールはお店による?

自社ローンは、金融機関のローンとは性質が異なる場合があります。
お金を貸して利益を得るためには、必ず国もしくは都道府県知事に貸金業登録をしなければなりません。
さらに、貸金業法などの法律を遵守しなければなりません。
しかし、自社ローンは金利ゼロで借りられることが多く、その場合には貸金業法が適用されません。
自動車を販売しているお店が、車の代金を分割払いで受け取る契約をすることは、お金を貸して利益を得ているわけではないのでなにも問題はありません。
貸金業法のルールは適用されず、販売店と購入者の間で売買契約を結び、そのルールに従うことになります。
自社ローンではお店と購入者が同意のもとで契約を結び、その契約内容に従うことになるので、契約をするときにはしっかりと契約内容を確認しておくことが重要です。
自社ローンには専用の法律がありませんので、法律に違反をしていなければ両者の合意でどんな契約内容でも通ってしまいます。
きちんと契約内容を確認しておかないと、思わぬ不利益を被ることもあるのが契約の怖さでもあります。
トラブルになったらすぐに弁護士に相談をするようにしましょう。