CONTENTS
「ローン 知識」
に関連するツイート
Twitter

現在やっている持ち家論争ほど、どちらも十分勝てるほど議論が伯仲し、ファイナンシャル・プランニングの知識が総合化されたディベート・テーマは他にないんですね。人生最大の買い物だし、ローンは会計バランスシートの問題だし、金利はマクロ経済、金融の問題であり、保険も深く絡んできます。

Twitter明治商小原ゼミナール@ohara_semi

返信 リツイート 15:43

RT @mayuhiko_o: 在りし日のギリシャ師弟 アキレウスのライダーとして馬を扱うにあたっての知識が ケイローン先生の馬体発信なのすごくエモい… pic.twitter.com/2xs3VcNeaV

☆リッキー☆SSクラス【Job(必要アイテム)】、1.説得のリッキー、2.弁護のリッキー(10000c、やすらぎの草x15、弓の心弦x15、ダークマターx3)、3.ネゴシエーター・リッキー(20000c、知識の花x15、アポローンx1、オリハル #テラバトル

RT @lacucaracha: 住宅ローンってのは、運用できるだけの資産も知識も無い庶民から銀行がタダ当然の金利で借りたお金を、正社員の収入と担保不動産の価値を裏付けに激安の金利で死亡時の免責付までついて、政府からの政策的な後押しまでセットでお金を借りられるわけよ。 どこに…

RT @lacucaracha: 住宅ローンってのは、運用できるだけの資産も知識も無い庶民から銀行がタダ当然の金利で借りたお金を、正社員の収入と担保不動産の価値を裏付けに激安の金利で死亡時の免責付までついて、政府からの政策的な後押しまでセットでお金を借りられるわけよ。 どこに…

RT @lacucaracha: 住宅ローンってのは、運用できるだけの資産も知識も無い庶民から銀行がタダ当然の金利で借りたお金を、正社員の収入と担保不動産の価値を裏付けに激安の金利で死亡時の免責付までついて、政府からの政策的な後押しまでセットでお金を借りられるわけよ。 どこに…

RT @lacucaracha: 住宅ローンってのは、運用できるだけの資産も知識も無い庶民から銀行がタダ当然の金利で借りたお金を、正社員の収入と担保不動産の価値を裏付けに激安の金利で死亡時の免責付までついて、政府からの政策的な後押しまでセットでお金を借りられるわけよ。 どこに…

RT @lacucaracha: 住宅ローンってのは、運用できるだけの資産も知識も無い庶民から銀行がタダ当然の金利で借りたお金を、正社員の収入と担保不動産の価値を裏付けに激安の金利で死亡時の免責付までついて、政府からの政策的な後押しまでセットでお金を借りられるわけよ。 どこに…

RT @lacucaracha: 住宅ローンってのは、運用できるだけの資産も知識も無い庶民から銀行がタダ当然の金利で借りたお金を、正社員の収入と担保不動産の価値を裏付けに激安の金利で死亡時の免責付までついて、政府からの政策的な後押しまでセットでお金を借りられるわけよ。 どこに…

Twitterリーマンのバフェット流米国株投資@black_tana

返信 リツイート 12/13(木) 21:50

知識を得るために学ぶな。行動するために学べ。」ジム・ローン

Twitter人生を変える「人生設計」@change_lifeplan

返信 リツイート 12/13(木) 20:05

自社ローンについて、もっと知ろう

自社ローンという用語を掲載する

自社ローンのメリット 企業がホームページにおいて、色々な豆知識を掲載するということがあり、それには次のようなことが必要です。
それは、専門の知識を持っていない人でも理解することができるようにするということです。
その他にも、難しい言葉を使わずに比較的簡単な語彙で説明をしていくということも求められます。
販売業者が自社ローンの利用の促進において、その存在と中身について用語を説明するという形を採用できます。
ホームページの一角に用語を掲載したページを設定しておき、そこで自社ローンについて教えていくのです。
なお、説明をするときにおいてはわかりやすい言葉を選択するということが不可欠になってきます。
その他にも、具体的な数字を用いて計算方法などを掲載していくという手法も存在しています。
用語の説明の時には、一般の人にもわかりやすいかどうかを判断してもらう必要があります。
そのため、第三者を招いて、わかりやすくなっているかどうかをチェックしてもらうことが大事です。

自社ローンのルールはお店による?

自社ローンは、金融機関のローンとは性質が異なる場合があります。
お金を貸して利益を得るためには、必ず国もしくは都道府県知事に貸金業登録をしなければなりません。
さらに、貸金業法などの法律を遵守しなければなりません。
しかし、自社ローンは金利ゼロで借りられることが多く、その場合には貸金業法が適用されません。
自動車を販売しているお店が、車の代金を分割払いで受け取る契約をすることは、お金を貸して利益を得ているわけではないのでなにも問題はありません。
貸金業法のルールは適用されず、販売店と購入者の間で売買契約を結び、そのルールに従うことになります。
自社ローンではお店と購入者が同意のもとで契約を結び、その契約内容に従うことになるので、契約をするときにはしっかりと契約内容を確認しておくことが重要です。
自社ローンには専用の法律がありませんので、法律に違反をしていなければ両者の合意でどんな契約内容でも通ってしまいます。
きちんと契約内容を確認しておかないと、思わぬ不利益を被ることもあるのが契約の怖さでもあります。
トラブルになったらすぐに弁護士に相談をするようにしましょう。