CONTENTS
「ローン 知識」
に関連するツイート
Twitter

さっきマンションのオーナーにならないかと勧誘電話があった。 減税になるとか、年をとると長いローンを組みにくくなるとか、30代前半ならやるべき!年収なんぼ?ってぐいぐい聞いてきた。 答えない。やるなら調べる。無知じゃやらん。 といったら知識はいらないと言ってきた、やばいやつだ🙆

営業だけに限った話じゃないけど知識がないってのは不利です。 逆にどんな分野でも知識があったら最強。 知らない事があると知ってる人に搾取される可能性が大いにあります。 家買うときもローン控除とか減税措置を知らないのと知ってるのでは何百万単位で得したり損したりします 知識大事です

返信先:@CANAAN_YF よっしゃ んで、スイフト買うならそれまでに俺頭に知識詰め込んどくけ一緒にいじろうぜ 多分、ローン終わる頃に今の車直しまくってもっと走るようにすると思うし😌

モンハンを見ていた息子が料理長な猫だったら100万円出しても買い/飼いたいと。 そのお金はどこから出てくるのか?と聞いたら、しばらく考えてから、ローンを組んで買う、だってさ。。。本で得た知識らしい。

中身の濃いもの、価値のあるもの、ためになるもの、新しい知識を与えてくれるもの やるべきことが決まったならば 執念をもってとことんまで押しつめよ。ジム・ローン

Twitterメンター名言代弁 やすひろ@yasu04123

返信 リツイート 9/15(日) 21:18

営業だけに限った話じゃないけど知識がないってのは不利です。 逆にどんな分野でも知識があったら最強。 知らない事があると知ってる人に搾取される可能性が大いにあります。 家買うときもローン控除とか減税措置を知らないのと知ってるのでは何百万単位で得したり損したりします 知識大事です

知識としては頭に入れてたけどさー、お引越の初期費用だけで、引越し予算の半分は飛ぶ…高い買いものだぜ。←ちょっと前まで着物のローン払ってたくせに。

Twitter月輪凛@お絵描き修行中@rin_rin_twi

返信 リツイート 9/15(日) 18:07

投資を知らずに、繰り上げ返済が絶対だと決めつけるのはもったいないです。投資のスキルさえあれば低金利の長期ローンを計画的に使えば手元のお金を減らさずに、物を買えますよ。 どちらが良いということではなく、自分にその知識か有り選択肢があるかどうかですね。

この高学歴と低学歴の狭間に居る自覚があるとしたら、ローン地獄(返せる範囲内もちろん)でもいいからお金かけて知識欲満たさせ、良い土地に引越した方が絶対に良いと思う。

Twitterぷいぷい🍒🌻🐱🍕🍓@puchupuipui

返信 リツイート 9/15(日) 13:22

返信先:@shiokun_v_tuber PCじゃなくてHTC Viveだけどビックカメラはショッピングローンが金利無料で助かった(審査あり) biccamera.com/bc/c/info/paym… 秋葉のツクモは知識のある店員さんが使い方に合った構成を選んでおススメしてくれて助かった

Twitter†とりえ†《神焔盗みし咎獣〜ギルティビースト》@trpla226

返信 リツイート 9/15(日) 13:02

自社ローンについて、もっと知ろう

自社ローンという用語を掲載する

自社ローンのメリット 企業がホームページにおいて、色々な豆知識を掲載するということがあり、それには次のようなことが必要です。
それは、専門の知識を持っていない人でも理解することができるようにするということです。
その他にも、難しい言葉を使わずに比較的簡単な語彙で説明をしていくということも求められます。
販売業者が自社ローンの利用の促進において、その存在と中身について用語を説明するという形を採用できます。
ホームページの一角に用語を掲載したページを設定しておき、そこで自社ローンについて教えていくのです。
なお、説明をするときにおいてはわかりやすい言葉を選択するということが不可欠になってきます。
その他にも、具体的な数字を用いて計算方法などを掲載していくという手法も存在しています。
用語の説明の時には、一般の人にもわかりやすいかどうかを判断してもらう必要があります。
そのため、第三者を招いて、わかりやすくなっているかどうかをチェックしてもらうことが大事です。

自社ローンのルールはお店による?

自社ローンは、金融機関のローンとは性質が異なる場合があります。
お金を貸して利益を得るためには、必ず国もしくは都道府県知事に貸金業登録をしなければなりません。
さらに、貸金業法などの法律を遵守しなければなりません。
しかし、自社ローンは金利ゼロで借りられることが多く、その場合には貸金業法が適用されません。
自動車を販売しているお店が、車の代金を分割払いで受け取る契約をすることは、お金を貸して利益を得ているわけではないのでなにも問題はありません。
貸金業法のルールは適用されず、販売店と購入者の間で売買契約を結び、そのルールに従うことになります。
自社ローンではお店と購入者が同意のもとで契約を結び、その契約内容に従うことになるので、契約をするときにはしっかりと契約内容を確認しておくことが重要です。
自社ローンには専用の法律がありませんので、法律に違反をしていなければ両者の合意でどんな契約内容でも通ってしまいます。
きちんと契約内容を確認しておかないと、思わぬ不利益を被ることもあるのが契約の怖さでもあります。
トラブルになったらすぐに弁護士に相談をするようにしましょう。