CONTENTS
「ローン 車」
に関連するツイート
Twitter

好きなことしたい ってのは分かるよ。 俺だってやりたいよ。 ローンと他の支払いがないならべつになんとも言わなかったよ。 でもまだローンも他の支払いも残ってるのに無駄にを増やしてどうするんよ。 増やす前に払うものあるやろうもん。 金利の方を払う方が馬鹿らしいやろ

Twitter nanayan_S660 ななやん

返信 リツイート 8秒前

目障りだって( 笑 ) なんで、なんなん私 上手にお金だってやってきたじゃん 好きなものも全部我慢して だって好きなを選んであげて 私がローン組んで、毎月は私が払って 何が気に入らんのん

遠い親戚の話なんだけど、自動ローンを組んでたみたいなんだけど、まだ完済してないうちに、事故か何かで手放すことになったあと、ローンを払わなくて、督促状が来たあとに、なんで今は乗ってないものに金を払わなあかんの!って怒ったらしく、本当に無知は怖いものだなぁと…

Twitter 83capi_ やさぐれカピバラ

返信 リツイート 7分前

返信先:@harborlight123 の額にもよりますけど…私はとバイク2台のローン払ってますから、結構払ってると思いますが、待つくらいなら買っちゃうタイプです。

Twitter makotayou ロック部長

返信 リツイート 10分前

簡単に増って言わないで欲しい。 貯金もあってローンとかもなくて言うなら分かるよ。 故障したときの資金があるから。 ただなんとかなるとかなら買わない方がいい。 もし故障して修理費用もだせなく放置になるの方が可哀想になる。 俺なんてローンは残ってるし他の支払いもあるからまだ買えない

返信先:@A0926N 家賃とローンとクレカの支払いその他もろもろ

Twitter TY123654789 ゆーまちん。

返信 リツイート 15分前

実家ぐらしならそこそこ高級でも余裕で買えるよな。 住宅ローンも、家賃もないってすごいよね。 家に金入れてるのと家賃払ってるのって全然違うぞ?

毎月のローンと保険料と奨学金の返済とか給料なくなるんじゃね

Twitter rika_hm1229 若井里佳

返信 リツイート 20分前

12月には新快速駅徒歩5分のとこに引越すから持つのも現実的じゃないし、これから住宅ローンもあるし、とはいえ今後子育てに必要な場面も多いだろうし、何より自発的に色々考えてくれてて手前味噌だけどホンマにいい夫。安心して子どもうめるわ。まじうちのクソ親父に爪の垢のませてやりたい。

返信先:@manimani348458他1人 70万のを残価ローン組んでるオレ氏←

Twitter ytnaka たなか

返信 リツイート 22分前

自社ローンを契約前の確認項目

自社ローンを契約する前に必ず確認する項目

自社ローンを契約する前に必ず確認する項目 自社ローンにはメリットとデメリットがありますので、契約をする前に次に説明する重要ポイントは、必ず確認をしておきましょう。
1つ目のポイントは、保証人が必要になるかどうかということです。保証人が必要な場合には、安定した収入がある人に保証人になってもらう交渉をしなければなりません。保証人が用意できない場合には、保証会社と契約をするための保証料が必要になるケースもあります。
2つ目のポイントは、保証料や手数料などのコストがどのくらいかかるのかということです。金利はゼロだが、12%以上の手数料がかかるというケースも多いです。最終的に、総額でいくらのコストがかかるのか、確認をしておきましょう。
3つ目のポイントは、返済期間です。自社ローンによって、最大で12ヶ月の分割しかできないところなどもあります。返済期間を長く設定できるところでも、24ヶ月くらいが限度になると思われます。
また、契約をする段階ではあまり考えたくないことですが、万が一返済ができなくなったらどうなるのかについても確認をしておきましょう。

【自社ローンのからくり】中古車購入時に知っておきたいこと

中古車購入時に知っておきたい自社ローンの特徴として、債務整理を行ったりした人でも利用することができる審査の通りやすさがあります。
これには銀行などのローンを組めない人を囲い込む目的のローンであることに加え、そもそもブラックであるか把握することができないというからくりがあります。
ブラックというのは個人信用情報機関に異動情報が記録されている状態ですが、これは貸金業や銀行が融資を行う判断をするときに参照できるものです。
自社ローンは中古車販売店が費用を立て替えるものであり、銀行でも貸金業でもないため、個人信用情報機関の参照はできません。
自社ローンは金利が0%ですが、これにもからくりがあります。前述のように銀行でも貸金業でもないため、金利を取ると違法になります。代わりに手数料が購入価格に加算される形式になっているため、実質的には金利が発生しているものと同じになります。
また、基本的に中古車の購入時に利用できるローンですが、新車を扱っている中古車販売店であれば新車に対しても利用できます。
ただし、販売店の資金力に余裕が必要とされるため自社ローンを利用できない販売店もあり、限度額も高いものでも100万円程度になるため、高額の自動車に対しては利用できません。